家族が亡くなった場合、まずは何をすれば良いですか?
まずはお電話ください。
シンプルなお葬式では24時間365日、お電話でのご相談を受け付けております。
ご依頼いただきましたら、故人様のお迎えに上がり、ご安置とお葬式の打合せをさせていただきます。

お電話はこちら:0120-01-0707

お葬式の依頼はどのタイミングで連絡すれば良いですか?
ご逝去後のご連絡で大丈夫です。その後の流れもご案内致します。
自宅に安置できないのですが、どうすれば良いでしょうか?
弊社と提携している霊安施設にてお預かり致しますので、ご安心ください。
誰が喪主になれば良いのでしょうか?
故人様と最も近しい方が喪主になることが多く、性別にかかわらず配偶者、子供、親、兄弟が務めるのが一般的です。
宗教についてよくわからないのですが、お葬式を行なう際、どのように決めれば良いでしょうか?
まずはお墓の所在を確認してください。
お墓がお寺にあれば、そのお寺が菩提寺ということになり、お葬式は菩提寺をお招きして行なうことになります。

お墓が霊園の場合やお墓が無い場合は、ご希望の形式(仏式や無宗教)でお葬式を行なうことが出来ます。
※例外もありますので、ご心配な方はご相談下さい。
お葬式の日程はどのように決めるのでしょうか?
宗教者の都合、ご家族の希望、火葬場の空き状況、式場の空き状況を考慮して決めることになります。
お付き合いのある宗教者がいる場合は、宗教者の都合が最優先となりますので、都合をしっかりと確認しましょう。
遺影写真はどのように選べば良いのでしょうか?
その人らしさが出ているお写真を選ぶことをおすすめ致します。
現在では、黒い服に着せ替え合成をすることはほとんどなく、普段着のままで遺影写真を作られる方が増えてきています。
カメラやスマホで撮った写真をデータでお預かりするか、通常のスナップ写真でお預かりさせていただきます。

お顔のサイズは10円玉くらいの大きさがあり、ピントが合っているもの選びましょう。
役所への手続きはどのようにすれば良いのでしょうか?
死亡届を役所に提出することで、火葬に必要な火葬許可証が発行されます。
この役所手続きはプランに含まれておりますので、弊社にて代行致します
故人の愛用品を棺に入れることはできますか?
可燃物であれば入れることができます。
ただし、可燃物であっても分厚い本や大きなぬいぐるみなどは、火葬の妨げになる可能性がありますのでご遠慮いただいています。

また、以下の物はお入れすることができませんのであらかじめご了承ください。
  • 公害の発生源となるもの・・・ビニール製品、化学合成繊維製品、発泡スチロール製品などの石油化学製品
  • 火葬炉設備の故障原因となるもの・・・カーボン製品
  • ご遺骨損傷の原因となるもの・・・金属製品、ガラス製品、爆発物
コロナ禍におけるお葬式はどのようにすれば良いでしょうか?
ご家族の希望を優先に決められると良いでしょう。
シンプルなお葬式では、ご家族の希望に沿ったお葬式をお手伝い致します。

感染防止対策を徹底していますので、ご安心ください。
※シンプルなお葬式では、新型コロナウィルス感染症により亡くなられた方のお葬式は、厚生労働省のガイドラインに沿って行なっております。
厚生労働省のガイドラインはこちら>https://www.mhlw.go.jp/content/000653472.pdf